住まいの修理はプロにお任せ〜住宅トラブルお助け隊〜

安上がりで済む

ハンマーとボンド

リフォームをする家が増えてきています。まだ耐震住宅が建てられる前の段階や国民が環境問題、不況についてほとんど意識していなかった頃、新築の住宅を建ててやがてその家が老築化してくると改装は行わずにそのまま壊す人が多かったようです。 さらにその後新築を建てるという今ではあまり考えられないような方法が一般的でした。 ところが、最近は不況の影響や環境問題、リサイクルなどに関心がある人が多くリフォームを行う人が増えています。 これをするためには工務店やハウスメーカーにお願いをするのが一般的です。普通はリフォームをしているところは新築を手掛けていますし、新築の経験が多いところにリフォームを任せるのがいいでしょう。

リフォームには様々な種類があります。トイレだけを改装する場合もあれば床のフローリングを取り替える場合もあります。 では、もし家全体をリフォームするとどのくらいかかるでしょうか。これはどんな素材を使うかやどんな設備を備えるかにもよって数百万円は変わってきますが、おおよその目安は500万円からと言われています。 そう考えると新築を買うか中古物件を買ってリフォームするかの選択に迷った時にはその価格が参考になるはずです。新築が3000万円で中古物件が1500万円程度なら、リフォームに500万円以上1000万円以内のお金をかけても問題はないでしょう。 ただ、重要なのは単に金銭面の話だけではなくそちらがその家族にとって幸せになれるかで決めるべきだと思います。